とうつきの備忘録

地味系OLの備忘録。ゆるミニマリストな生活と、DIYと節約。ときどきガーデニングと高尾山。

着づらいコートの理由発見~手持ちコートの話②~

以前「買ったばかりのモッズコートが着にくい、失敗したかも」と書きましたが、着づらい理由をもう一つ発見し、納得したら着られるようになった話。「誰にどう見られたいか」という心理的要因でした。

f:id:toutsuki:20200114080049j:image

 

 

これまでの着づらい理由

手持ちのコートは現在3着です。もともと2着だったのですが、去年の10月にモッズコートを買い足して3着となりました。

その買い足したモッズコートは、購入から1ヵ月1度も着ませんでした。なぜ着ないのか、着づらい理由を考えた記事もまとめ、「この買い物は失敗だったかも」と書きました。 

www.tou-memo.com

1ヵ月前に考えた着づらい理由をざっくりまとめると、

  1. 秋服としては活用できず(別のジャケットを着てしまう)
  2. 休日用の服で着るタイミングが難しく(登場率は7分の2以下)
  3. 他のコートばかり着てしまい(手前にあるコートを手に取ってしまう)
  4. 手持ちのコートより似合わない(カジュアルが似合わない?)

というものでした。

 

気付いたもうひとつの理由

上記の記事を書いた翌週、一人で買い物に出掛ける時のこと。「せっかくだから着てみるか…」とモッズコートを羽織ったところ、まったく違和感がありませんでした。え、なんで?前に羽織ってみた時は確かに似合わないと思ったのに。 

これまで、違和感があってモッズコートの着用をやめたことは2回ありました。

  1. 大学時代のサークル仲間との飲み会に行くとき
  2. 職場の同僚と日帰り旅行に行くとき

…あれ、モッズコートを着て人に会うのがダメなの?

 

「ちゃんとしたOLに見られたい」という見栄

さらに考えて、私は「きれいめOLとして見てほしい相手」の前で「カジュアルの代表であるモッズコートを着ることに抵抗があった」ことがわかりました。

要するに見栄です、見栄。

1番の「大学時代のサークル仲間」に関しては、たぶん「同窓会に普段よりきちんとした格好で行く」みたいな心理です。

2番の「職場の同僚」に関しては、おそらく「職場で着ないカジュアル服より、普段のオフィスカジュアル服で無難にいきたい」という感じ。

どちらも「自分がきれいめOLとして過ごせていることをアピールしたかった相手」。ちゃんとしたOLに見られたい…そんな深層心理が、カジュアルなモッズコートを羽織ったときに“違和感”として表れて、着て行くのをやめたのでしょう。

…なんか気付くと自分にがっかりしますね。そんな見栄はってたんかい、って。

 

着たいものを着ればいい

着づらかった理由について考えてみると、「誰もそこまで見てないよ」と突っ込みたくなります。実際、私はそれぞれ誰がどんなコートを着ていたかなんて覚えていません。もし誰かが覚えていても、休日なんだから何を着ていても問題なし。

そして私はカジュアルな格好が好きなんです。きれいめオフィスカジュアルも好きですが、ちょっとボーイッシュでアウトドアチックな格好も好き。変な見栄を張って着る服に制限を掛けるよりも、着たいものを着ればいいじゃないか!

こう考え直してからは、誰と出掛けるときに着ても違和感を覚えなくなりました。まさに気の持ちよう、やっぱり見栄だったのでしょう。

あ、もちろん一人で出掛けるときも着ています。12月に入ってから、職場と山へ行く以外のお出掛けには、いつもこのモッズコートを着ています。ざっくりしたコートを着て颯爽と歩く自分(願望)に「ふふふ…」と楽しい気分になっています。

 

着づらい理由(改)

そんなわけで、モッズコートを着づらい理由の再発見と、好きな服を着られるようになった話でした。

前回の記事でまとめた「モッズコートを着づらい理由」を改定すると、

  1. 秋服としては活用できず(別のジャケットを着てしまう)
  2. 休日用の服で着るタイミングが難しく(登場率は7分の2以下)
  3. 他のコートばかり着てしまい(手前にあるコートを手に取ってしまう)
  4. 手持ちのコートより似合わない(カジュアルが似合わない?)
  5. こう見られたいという見栄からカジュアル服を選べない(考え次第で払拭可能)

となります。深層心理の「こう見られたい」にそぐわないから「他のコートばかり着てしまう」し「手持ちのコートより似合わない」と思ってしまうのでしょう。でもそんな「こう見られたい」はただの見栄で、改めて考えればどうでもいいものでした。

とはいえ、「1.秋服として活用できない」「2.休日に街へ行く時しか着るタイミングが難しい」ことにより、着用機会が少なく着づらいのは変わらず。

それでもいいんだ!と休日にのみ活用するのか、何かと併用できるコートに改めるか(例:職場に着て行ける程度のものにする、山でも着られるものにするetc)…は、今後の課題かもしれません。

このコートについてはまだまだ考えることがありそうです。

関連記事:手持ちコートの話①

www.tou-memo.com