とうつきの備忘録

地味OLの備忘録。ゆるミニマリストな暮らしと、ものづくりと節約。2020年秋、一人暮らしを始めました。

住んでいる街のまっぷるで空想トリップ

東京の旅行雑誌って、逆に読んだことないかも。

f:id:toutsuki:20210417183501j:plain
 

最近の平日の楽しみ

土曜日。ようやく平日1週間が終わりました~。

4月が忙しい部署で、個人的には去年から仕事が3~4つ増えた状態なもので、毎日書類作りが終わらない♡状態です。

このタイミングでコロナに掛かるのが一番ヤバいので、2・3・4月はプライベートでも一層引きこもって暮らしています。職場以外だと、隣町のショッピングセンターが一番の遠出かもしれない…。

 

「繁忙期で疲れる、家に帰ったら頭を使いたくない」、「繁忙期が終わったら遊びたい」

そんなわけで、最近家でパラパラ見ているのがこれです。

f:id:toutsuki:20210417183501j:plain

図書館で借りた「東京観光2020」。

原宿に表参道、浅草、銀座、東京スカイツリー、丸の内、新宿、上野…。東京の観光スポットがこれでもか!と掲載されています。

私は東京都在住なので、ちょっと足を伸ばせば行ける距離の観光地たち。

これが楽しいんです。

 

近場の旅行雑誌は、逆に新鮮

旅行では旅行雑誌を読み込むタイプなのですが、その分、近くの場所の旅行雑誌ってほとんど読んだことがありませんでした。

近場だと位置関係や交通手段が分かっているので、わざわざ旅行雑誌を読まなくてもいいんですよね。

テンションとしても「京都へ2泊3日旅行する。さてどこに行こうか」ではなく、「銀座の伊東屋に行く。どこかおしゃれなカフェにも行けたらいいな」くらいの軽いノリですし。

せいぜいHanakoの地域別特集号とか…でも大体はネットで検索すれば事足りますし。

 

いわゆる旅行雑誌から、観光地としての東京を見るのは新鮮です。

訪れたことのあるお店もちらほらあり「え、ここが載るんだ⁉」なんて思ったり、反対によく通る場所なのに「え、こんなお店あったの⁉」なんて驚いたり。

頭を使わず、ぼや~~っと見れるので、疲れた頭にもいい。

紙媒体なので、目にも優しい。

距離的には近いので、「繁忙期が終わったら行ってみたいな~」なんて軽く思えるのも楽しい。

 

もちろん何度目かの感染増加が懸念される昨今、本当に繁忙期が終わったら行けるのかはまた別ですが…。というか性格的にも、この状態でお出掛けはできないと思われますが。

でもその分、空想上であちこち行った気になるのは楽しい。

そんな毎日です。

 

おわりに

いま一番行きたいのはどこでしょうね。

上野や銀座のおしゃれなカフェとか行ってみたいです。紅茶と…プリンかパフェを頼んで一人で楽しみつつぼやっとしたい。

もうずっと行っていない美術館も気になります。でも当分は予約制でしょうね~しばらくぶりに印象派見たいなぁ。

あとは庭園や神社仏閣…有名どころは混んでいると思うので、小さめのお庭や神社で日向ぼっこしたいです。

うん、空想は楽しい。

なんとなく手に取ったまっぷる。次はるるぶを借りてこようかな。