とうつきの備忘録

地味OLの備忘録。ゆるミニマリストな暮らしと、ものづくりと節約。ときどきガーデニングと高尾山。

チープカシオを購入

腕時計を探しに探して、一周まわってチープカシオにしました。

f:id:toutsuki:20200909221151j:plain
 

 

 

新しい腕時計

この夏、腕時計を新調しました。チープカシオのMQ-24-7B2です!

f:id:toutsuki:20200909221156j:plain

「チープカシオって何ぞ?」という方に説明すると、時計メーカー「カシオ」から発売されている安価な腕時計のことです。”チープカシオ”は売り名ではなく、大体3000円以下のカシオ腕時計のことを巷で"チープカシオ"と呼んでいるのです。

リーズナブルなお値段ながら、カシオメーカーの安心感、そしてシンプルを中心に豊富なデザイン。

基本はメンズなのですが、「デザインがかわいい!しかも安い!」と女性にも人気なんだそうな。わかる~。ショップによっては着用モデルが女性だけだったりします↓


 

このショップの着用モデルさんたちを見て、心を撃ち抜かれました。並行輸入品なのでお値段もさらにお安い。

 

チープカシオのいいところ

デザインがシンプルかわいい

基本的に機能やデザインを必要最小限に絞っており、これぞミニマル、という趣です。

私が購入したのは、めちゃくちゃシンプルなのに文字がちょっと丸っこくてかわいいもの。好みどストライクのデザインでした。

このシリーズには

  • 黒い文字盤×金色の数字
  • 金の文字盤×1~24まで書かれた数字

などちょっとひねったデザインもあります。特徴的なのに程よくシンプルで、どれもツボをつかれるデザインでした。

お値段が安い

ともかく安いです。上に載せた楽天市場の並行輸入品だと1200円くらい。

安さの理由は、ベルトが樹脂だったり、文字盤がガラスじゃなく樹脂ガラスだったり、文字盤裏が簡素だったり…と、素材面がチープだからだと思います。が、それにしたって安くないです?

ちなみに私は中古で買って、お値段なんと600円。もはや何がなんだか。

電池を替えやすそう

これまでソーラーウォッチ(電池交換不要)を使っていたので「電池交換が面倒そう…」という思いはありました。

しかし、チープカシオは自分で簡単に電池交換ができるようなのです…!

blog.sapico.net

高い腕時計だと背面を開けての電池交換は、素人がDIYするには怖いもの。でもチープカシオならチャレンジできそう…!

お店に持って行くのは面倒ですが、自分で電池交換に挑戦できるなんてむしろ楽しそうです。DIY好きな私にはピッタリでは!と感じました。

 

 

(本当は別の腕時計を買うつもりでした)

本当は2万円くらいの北欧シンプルな腕時計を買うつもりでした。例えば、ダニエルウェリントン、ノードグリーン、スカーゲン…などなど。しかし私の買いたい腕時計の条件

  • シンプル
  • 男女兼用っぽいデザイン
  • 文字盤3㎝くらい
  • 3針(秒針がある)かつスモールセコンドではない
  • 時刻表示は数字またはライン(丸い点や石はNG)
  • 時計が軽くて、文字盤が薄い

を兼ね備えた腕時計を探すのは大変で…。特に「北欧テイスト腕時計、どうしてそんなに秒針がないの問題」は大きかったです。秒針があるのは文字盤2.5㎝以下のウィメンズか、4㎝以上のメンズか…。文字盤3㎝のシンプル男女兼用腕時計に秒針を下さい。

そんななか、ふとした時にチープカシオに出会い「あれチープカシオめっちゃかわいいい…。もうチープカシオで良くない…?いやむしろチープカシオがいい!!」となったのでした。

 

おわりに

思わぬ出会いによって購入を決めたチープカシオ。まさかの600円で買えるとは思いませんでした。予算2万円だったわけで、予算マイナス19,400円。

30歳手前の社会人女性がチープカシオっていいのか…?とも思いましたが、実際に職場で使ってみて

  • ともかく見やすい文字盤
  • 薄い&軽いため腕の負担にならない
  • シンプルなのに可愛いデザイン

などなど良いことづくめ。見やすくて、負担にならなくて、見るとテンションが上がる腕時計なんて最高です。むしろダメな理由が見つからないな??と思い直しました。

びっくりするほどお安いですが、私のお気に入りがまた一つ増えました(*^^*)