とうつきの備忘録

地味OLの備忘録。ゆるミニマリストな暮らしと、ものづくりと節約。ときどきガーデニングと高尾山。

靴下のリサイクルの話

「靴下屋」で「靴下・タイツの回収」の宣伝を見かけました。服や靴、家電製品はよく見かけるけど、靴下のリサイクルって珍しい。

f:id:toutsuki:20181126184710j:image 

 

 

「靴下のリサイクル」内容

貰ったチラシによると靴下のリサイクルの詳細は以下の通りです。

靴下やタイツの回収って珍しいですよね。クーポンも貰えるので、実質下取りみたいなものでしょうか。市町村の古着回収にも出せないので、こういう取り組みは面白いなと思いました。

調べてみたら今年の春にもやっていたようです。

Tabio × BRING : 靴下リサイクル・キャンペーン、2018.3.19~5.6実施 - Tabio(タビオ)

 

靴下屋とは

リサイクルを呼び掛けていたのは「靴下屋」というお店です。

株式会社タビオが運営する靴下専門店。PARCOやLUMINEなどファッションビル内の店舗や、路面店としてご存知の方も多いと思います。イイお値段の靴下やタイツを取り扱う一方、3足1000円の靴下もあって庶民にも優しいお店です。

私は大学生の頃からよく利用しています。もっぱら3足1000円のセットを購入していますが。可愛い柄や流行りの素材のものも3足1000円となっていて、気に入っています。

 

古い靴下タイツをどうしているか

これまで古くなった靴下やタイツをどうしていたか。私は掃除に使っていました。

靴下は生地がしっかりしているので、ゴシゴシ拭きたいときや、しっかり水を吸ってほしいときの雑巾がわりにぴったりです。ブログでも自転車のサビ落としや、サッシの掃除に使いました。

「MILLION SL40」を使って自転車のサビ取り - とうつきの備忘録

窓のサッシ掃除をしました - とうつきの備忘録

タイツやストッキングは、棚の上やデスクライトの上をちょっと拭きたいときに便利です。耐久性はないのですが、静電気の起きやすい素材のためよく埃をとるんですよね。あと生地が薄いので細かいところを拭くのに便利。

以上のように、使い古した靴下・タイツも便利に活用しており、使い道がはっきりしている私にとっては、靴下・タイツのリサイクルサービスは必要ないかもしれません。

ただ、靴下やタイツを資源にリサイクルできるのは魅力的ですよね。私の場合は結局掃除に使ったあとは燃えるごみとして捨てることになるので、資源として再利用できるならその方がいいかもしれません。

 

おわりに

最近はよくリサイクル回収や下取りキャンペーンをやっているお店を見かけます。ユニクロは店頭でユニクロ製品の回収を行っていますし

ワコールのブラリサイクルには毎年参加させて貰っています

参加したことはありませんが、百貨店でもワールドやオンワード製の衣料品回収キャンペーンを見かけます。

「もう使わない、でも捨てづらい」というものを引き取ってくれ、リサイクルしてくれる取り組みはとてもいいなと思います。今後もそういった取り組みがないかアンテナを張りつつ、積極的に活用していきたいです。