とうつきの備忘録

地味OLの備忘録。ゆるミニマリストな暮らしと、ものづくりと節約。2020年秋、一人暮らしを始めました。

レンジ可能なレトルトカレーが嬉しい

この夏から『咖喱屋カレー』もレンジ加熱対応に!

f:id:toutsuki:20211205180703j:plain

 

レトルトカレーが好き

レトルトカレー、便利でおいしいですよね。

一人暮らしを始めてから2週間に1回は食べていると思います。

最初はカレールウを購入して、にんじん玉ねぎじゃがいもお肉と共にフライパンで作っていたのですが…。一人暮らしだと余った分を保存する必要があり、冷凍保存したカレーのおいしくなさに心が折れまして…。ええい、カレーはもう全部レトルトだ!!と相成りました。

 

パウチのままレンジ加熱が可能

湯煎すればすぐに食べられるレトルトカレーですが、最近増えてきたのが「パウチのままレンジ調理可能」なレトルトカレー。言葉通り、袋のままレンジで1分半ほどチンすれば食べられるようになります!!

昨年は安価で身近なものだと『ボンカレー(大塚食品)』くらいしかなかったように思うんですよね。パウチのままレンジ加熱できるレトルトカレー。近所のスーパーに売っておらず、少し離れたドラッグストアまで買いに行った記憶があります。

 

それが、今年に入ってレンジ対応のレトルトカレーが増えてきました。

一番大きいのは『咖喱屋カレー(ハウス食品)』が対応になったこと!今年、2021年8月から対応になったそうです。

housefoods.jp

うちのキッチンに必ず一つはある咖喱屋カレー、ちょうど新旧パッケージが揃いました。

f:id:toutsuki:20211205180703j:plain

家族4人分を一気に調理したい!という場合は大鍋でお湯を沸かして4袋投入、が楽かもしれませんが、1袋しか茹でないとなると、時間もお湯も勿体ない。レンジで1分半!の方がよほど時短で便利、その間にお茶用のお湯も沸かせます。

f:id:toutsuki:20211205180722j:plain

↑この4袋入りビーフカレーも、以前は銀色パウチで湯煎していたはず。レンジ対応でらくちんです。

おわりに

銀色のパウチがほとんどだったレトルト食品。カレーに限らず、レンジ調理可能なものは増えてきているように思います。コンビニでもレンジ調理のおかずがいろいろ…。先日はシュクメルリを購入しました。

ちょっと前に有名になったやつですよね?初めて食べましたがおいしかったです。

レンジ調理ができると、疲れた日も「ご飯食べなきゃ」へのハードルがぐんと下がります。簡単においしい物が食べられるって素晴らしい。食品メーカーの皆さま、今後ともよろしくお願いします!