とうつきの備忘録

地味系OLの備忘録。ゆるミニマリストな生活と、DIYと節約。ときどきガーデニングと高尾山。

本格的な立体マスク。手作りガーゼマスクその2

ネットで紹介されていた型紙で、より本格的&快適なマスクを作りました。フィット感抜群の立体マスクができました!

f:id:toutsuki:20200320223208j:plain

 

 

前回:お手軽な平面マスクを手作り

新型肺炎の影響で、1ヶ月ほど売り切れが続く使い捨てマスク。2月初頭、ダブルガーゼ生地でガーゼマスクを手作りしました。

www.tou-memo.com

四角い布地を折り畳んで縫うだけ、と簡単なマスク。ただその分フィット感はいまいちでした。

もっとフィットして使いやすいマスクを作りたい!

 

ダブルガーゼで立体マスクを作ろう

立体マスクの作り方を探していて見つけたのがこちらのサイト。yunyunさんという方が「neige+手作りのある暮らし」で公開しているレシピです。

yunyuns.exblog.jp

詳しい作り方はリンク先の文章を、型紙はリンク先の下の方にある「立体マスク フリーパターン&作り方 (A4 2枚)はこちら♪」のリンクをご覧下さい。

作り方通りに私も実践。まずは型紙通りにガーゼを4枚切り抜いて、縫い合わせて、

f:id:toutsuki:20200320223335j:plain
縫い代を割って、カーブの部分に切り込みを入れて(こんなに細かく切らなくてよかった…)

f:id:toutsuki:20200320223315j:plain

返し口を残しつつ上下を縫って、あと左右も縫い止めて

f:id:toutsuki:20200320223259j:plain

ひっくり返して

f:id:toutsuki:20200320223245j:plain

返し口を縫い止めて、マスクゴムを通せば完成~✨

f:id:toutsuki:20200320223208j:plain

かなり本格的なマスクですよね。かっこいい!

 

立体マスクのメリット

前回作成した平面マスクと比較しつつ、手作り立体マスクのメリットをまとめてみます。

1.鼻からあごしたに掛けてフィット感◎

全体的にフィット感がアップしているのですが、特に鼻の周りにぴったり合います。この丸まったラインがいいんですかね?すっぽり包まれている気分。ずれそうな感じもなく、ぴったり合う印象です。

f:id:toutsuki:20200320223152j:plain

2.頬のフィット感も◎

サイドのフィット感もアップしました。平面マスクだと、どうしても頬の横に隙間ができてしまいます。立体マスクは、顔の横に寄り添うデザインなので隙間ができない!ここも包まれている感があって良いです。

3.それなのに作りやすい

立体マスクは作るのが大変だと思っていました。たしかに型紙通りに切ったり、何ヵ所も縫ったりと手間は掛かりますが、簡単にできたのでびっくり。

これは型紙が素晴らしいからかもしれません。説明も写真も細かく載っていて、大変わかりやすかったです。改めて、素敵な作り方をありがとうございました。

 

おわりに:ガーゼマスクのメリット

作りやすくて利便性も高い立体マスク。この後もうひとつ作成し、

  • 平面マスク×1
  • 立体マスク×2

の布陣で通勤しています。洗い替え用にもう少し作ってもいいかな…! 

前回も書きましたが、ガーゼマスクのいいところは

  • 手軽に作れる
  • 洗って使い回しできる
  • 在庫が減らない

ことだと思います。

ダブルガーゼとゴムさえ手に入れれば簡単に作れて、一度作ってしまえば何度も使用することが可能。

使い捨てマスクだと使う度に在庫が減ってしまうので、いつか手に入らなくなってしまうのでは…と不安になってしまいます。

手作りマスクがあると「私はマスクの在庫があるぞー!」と心に余裕が生まれます。ドラッグストア巡りをしなくてもいい余裕が一番ありがたい。

ちなみにデメリットは

  • 職場などでは着用しづらい
  • ウイルス対策には△?
  • 感染リスクがより高い場所には使い捨てマスクがベター

あたりですね。とりあえず、通勤時は引き続き手作りマスクを使いながら、上手く使い分けていきたいと思います!