とうつきの備忘録

地味OLの備忘録。ゆるミニマリストな暮らしと、ものづくりと節約。ときどきガーデニングと高尾山。

手持ち服の数<2018年冬>

ゆるミニマリストな地味系OLが手持ち服を数えます。全部で49着。

f:id:toutsuki:20180916215103p:plain

 

 

はじめに

定期的に実施している手持ち服の棚卸。今回は、前回2018年8月時点からどれだけ増減があったかを見てみました。

前回の棚卸:

www.tou-memo.com

【とうつきはこんな人】

20代後半の地味系OL。職場の服飾規定はゆるめのオフィスカジュアル、制服はなし。私服へのこだわりは薄く、仕事服≒私服。ゆるいミニマリスト。

 

手持ち服は49着

2018年12月現在の手持ち服は49着でした。

 ※春夏秋冬のオールシーズン(下着関係は除く)。

 ※カッコ内は(2018年8月時点の数/増減比)。

仕事服…28着(30/-2)

 ・半袖トップス…5(5/±0)

 ・長袖トップス…5(5/±0)

 ・カーディガン…2(5/-3)

 ・スカート…6(5/+1)

 ・パンツ…2(2/±0)

 ・セーター…3(3/±0)

 ・ワンピース…1(2/-1)

 ・アウター…4(4/±0)

家・休日服…21着(24/-3)

 ・半袖トップス…4(5/-1)

 ・長袖トップス…6(8/-2)

 ・ボトムス…5(5/±0)

 ・パーティードレス…2(2/±0)

 ・パジャマ…3(3/±0)

 ・浴衣…1(1/±0)

→計49着(54/-5)

ということで仕事服28着+家・休日服21着=計49着という結果でした。

f:id:toutsuki:20181215093947j:image  

49着だと足りない!

前回の54着を「ちょうど良い~少し多いかな?」と評した夏の私。

この「私にとってちょうど良い」という数から考えると、今の手持ち服は「ちょうど良い~少し多いかな?」という印象です。仕事服はこれくらいが妥当と思いますが、家・休日服が多い印象です。ここ1年ほどアウトドアの趣味が増えたためかと思いますが、上手く併用する方法を考えていきたいです。

手持ち服の数<2018年夏> - とうつきの備忘録

そこから5着減り、冬になった私としては「49着では足りない!特に仕事服のトップス!」と思っています。季節柄実際に着られる服が少ないからです。 

仕事用トップスが足りない

最近めっきり寒くなりました。冬は「通勤を考えるとコートの中が半袖なんてもってのほか」、「会社は暖房が効いていて厚手のセーターでは暑い」という状態なので、「薄手の長袖またはセーター+カーディガン」が基本形になります。

ところが、

  • 長袖はトップスはシフォンや綿素材が多いので、厚めの羽織物が欲しいのに、カーディガンが少ない。
  • 薄手のセーターは一枚のみなので、もう少し欲しい。

という状態です。そのため「カーディガン」や「薄手のセーター」が欲しい。探しているのですが、いい薄手のセーターってないんですよね…。ううん。 

その他思うところ

仕事用のトップス以外に思うところは、パーティードレスです。すごく迷っています。現在結婚式へのお誘いはなく、2着も取っておく必要があるのか…。これから何回結婚式に参列するのかわからないので、いまあるものを保管すべきか、すべてレンタルドレスで済ますべきかも悩みます。

また、カウント外ですが、マフラーもどうしようか悩んでいます。2本中1本は数年前にプレゼントされたもので、毛玉が目立つようになってきたんですよね。これはありなのかどうなのか…。悩みどころです。

 

おわりに

今回の手持ち服総数は49着。定期的に見直して把握することが、服の管理につながると思っているので、今後も続ける予定です。

今回は49着では少ない、特に仕事用のトップスが足りないと判明しました。仕事服として薄手のセーターと、カーディガンを探してみたいと思います。

関連記事:次回2019年春の棚卸

www.tou-memo.com